BL漫画感想ブログ

BL漫画ファンによる感想ブログです♡雑記含みます

最果ての空/英田サキ 先生

読み出したらもう止まらない…篠塚英之… エスシリーズの最初の主人公の椎葉の義理の兄貴、“ヤクザの抗争に巻き込まれて“妊娠中の奥さんを亡くした孤独なエリート(警視正)奥さんが亡くなった後も椎葉を見守りつづけているの 義兄さんっ!

 

このシリーズにずっと影の主役的に出続けていて、いつかこの人が主人公の話があるはずだと読み進めていたの そしてこの「最果ての空」!素晴らしかった

 

ボーイズラブを読んでいるのだから、ボーイズのラブを読みたいのはそうなんだけど、やっぱりこの人が男に落ちるか?と思うことが正直ある!もちろん、そうだな、愛さざるを得ないな、これは…って納得させられるのを楽しんで読んでいる。が、しかし、やっぱりいやこんなハードボイルドな男が男と愛し合うのか?それもかなり甘く…ってなる自分がいる(その甘さを求めている自分もいるが、が!)。それはBL以外のストーリーがしっかりしていればいるほど、肉体関係いる?って思う時ある!(でも肉体関係読みたい自分もいる!もちろん)アンビバレント

 

篠塚さんは…奥さんもいたし、男を愛する男じゃないぞ?そしてこの人のそばにいれる人って誰?もはや性別超えて誰もいないぞ?って思ってた、だから篠塚さんを主人公にした場合誰が相手になるの?恋愛するのか?男を抱くんか?って思ってた。椎葉くんに対する言動は…怪しかったが、なんか、絶妙な感じだったんだよね。

それに対するアンサーを真正面からぶつけられて、消えたね、私は…さらさら。素晴らしかった。

「ああ、迷惑だね」

「申し訳ないが、君の気持ちには応えられない」

「ありがとう。だけど私も、やっぱり君の気持ちには応えられない」

ぐらつかない、どんなに好意を真正面からぶつけられても、No 

“人間的には愛おしく思っているけど恋人としては付き合えない“

これでしょ!!!!!!これが聞きたかったんだよ!!!!そう…恋愛関係では結ばれない、だけど心が揺り動かされる、篠塚が自分の気持ちを聞いてほしいと思うくらいに、こういうのが読みたかったの。

「君が駄目なんじゃない。私が駄目なんだ。寂しいと思いながらも、ひとりで生きていくことを選んでいる」

これでしょ…これが義兄さんなんだよ。本当に痺れる男にあったぜ、強がりでもなんでもない静かな覚悟があってさ、かっこ良い。これがエリートか。これが篠塚か。

このシリーズほんと色んな人が出てきてみんな自分の弱さと向き合ったり誰かの温もりを求めたり、ドンぱちしたり、自分の運命と戦ったり、運命に前に破れたり、だったけど(すごい斜め上の人もいたー火野)義兄さんだけは別世界だったんだよ…そして最後までそれを貫いてくれて、でも彼の本当の気持ちが知れて感無量だった。

 

甘くて脳天痺れるのもいい、が、私はこういうのを求めている、愛だなんだを超越した胸熱人間ドラマをっ!(でもBL好きだから甘いのも読むよ♡)